2008.12.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2009.02.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
長崎ランタンフェスティバル
崇福寺

今年も1月26日~2月9日まで『長崎ランタンフェスティバル』が始まりました。
このお祭りは、もともと旧正月をお祝いする長崎在住の華僑の人たちのお祭りでしたが、平成6年から行政と町が組んで大きな規模にしたのが今のお祭りです。
異国情緒あふれる長崎ならではのお祭りともいえるでしょう。

お蔭様で、今週末は、ランタンツアーにスタッフさん総動員&フル稼働で出発します。
昨年に比べると、特定日に集中していないので、仕事を割り振りする私たちにとっては、とても助かりますし、多くのスタッフさんがランタンを経験(すでに経験済みのスタッフさんも結構いますが…)できます。

スタッフさんにとっては、修学旅行が終わったかと思えば、ランタンに行き、一息ついたところで、2/11の『城島酒造祭り』とイベント目白押しなので2月も楽しみなのではないでしょうか?
ん? それより『お休みが欲しい・・・』って?
みんな、本当にありがとう!&お疲れ様ですjumee☆escape2

長崎ランタンフェスティバル
スポンサーサイト
2009.01.28 (Wed) 09:00
お楽しみな番組
また、お楽しみな番組を見つけた。

『出社が楽しい経済学』
NHK教育テレビ 毎週土曜日23時~放映

経済学というとアダム・スミス『国富論』やケインズ『マクロ経済学』などメジャーなものしか浮かばず、じぁ、国富論ってどんなの?って聞かれても勉強してないんでさっぱり分からん。
こんなド素人の私にでも、分かりやすく経済用語を解説しているのが、この番組。

たまたま日経新聞で、この番組を知った時はすでに第2回が終わっていて残念だったが、ホームページで前回の解説などがあり、なんとか遅れを取り戻すことができた。

『サンクコスト』なんて、経営者にとっては日ごろから投資した分を何とか取り返そうとして、損切りのタイミングを外して結局コストがかかった…なんて事、日常茶飯事ですわ。
身につまされますな。

こういう現象を何となく体験したり、頭の中にイメージがあったりして、ぼんやりとでは理解しているのを『これはサンクコストだっ!』と断定できるというのは、すっごくスッキリした気分になる。
更には、判断力も上がるしね。

あと『比較優位』とか『機会費用』も日常的に使える語句やね。
例えば…A社に対して当社の比較優位とは何だ!? なんて会議で使ってみたいし、このタクシー代は私の機会費用を考えれば当然の経費だ!と経理に強気で言ったりして… で、落ちなかったりしてがっくり

それにしても、ここ数年NHKは変ってきたというか、アホになれるようになったと言うか
『サラリーマンNEO』 が放映された時はかなりショックを受けた。
特にセクスィ~部長とかは最高だ。jumee☆SaturdayNightFeverL
また、4月からスタートするようなので楽しみだ。
2009.01.27 (Tue) 13:56
汎用箱型対ウィルス兵器霧状射出機
汎用箱型対ウィルス兵器霧状射出機
略してEVA ではなくて、STEAM(加湿器)ですがっくり

インフルエンザ対策で、当社も加湿器を導入いたしました。
で、今までの加湿器は…

零号機
零号機って…

って、ポットじゃん。
いえいえ、これでも立派な加湿器です。
多少、噴霧するのに、電気代がかかり過ぎると思われるところが難点ですが。
それに、沸かす時に『ガガガ~』と音がうるさいです。

で、初号機
初号機

初期コストも断然安かったし、零号機に比べればパワー・活動限界時間・デザインが数段上がっております。
内部も抗菌仕上げされておりますので、雑菌からの侵食も防ぎます。

インフルエンザの抑止力が認められれば、弐号機(弐号機はプラズマイオン放出型を検討中)の導入も考えたいと思います。
これで社内の使徒(菌)を全て捕獲して、この冬、スタッフさん達が、インフルエンザにならないようになります。
まさに! スタッフ補完計画キラキラ

この次も『サービス サービスぅ』


2009.01.23 (Fri) 09:00
これも仕事のうち?
東京ネズミーランド

添乗に行っているスタッフさんから、写メが送られてきましたので、アップしました。
楽しそうですね。

見方によっては、デートしている2人にも見えます爆笑

追加でアップです。
かまくら~

ちゃんと出来るんですね~ かまくら
かまくらが大きいのか、スタッフさん(オレンジ)が小さいのか…
どっち?
2009.01.22 (Thu) 11:40
修旅部隊 発進!
この一週間で、26名のスタッフが修学旅行の添乗に出発しました。

行き先は沖縄・北海道・東北・北陸・東京などバラエティです。
北日本に向かう学校はスキーがメインの修学旅行です。
やはり九州では、なかなかスキーが出来ないので、修学旅行の行き先として人気があるのでしょう。
まぁ、先生方も生徒さんを一箇所に止めておける(目が届く)点でも安心なのでしょう。

私なんか24年前に行った修学旅行は『立山黒部アルペンルート&東京散策』でした。
当時はディズニーランドが大人気だったのに、東京には1泊しかせず、それも自由行動ではディズニーランド入場禁止令が発令され、行けませんでした。
その後、アルペンやTDLに添乗員として行くことになるとは、まったく思いもしませんでしたが…

添乗に行っているスタッフから、生徒さんたちがインフルエンザで病院に行ったという報告が多く入っています。 病気になった生徒さんも辛いですが(せっかくの修学旅行なのにね)、スタッフの皆さんもインフルエンザに罹らないように、お祈りいたします。

今月は修旅が終われば、あとは『長崎ランタン祭り』を残すのみとなりました。
修旅明けは気が抜けて風邪を引きやすくなりますので、どうぞ体調管理を万全にお願いいたします。


2009.01.20 (Tue) 18:09
一樹百獲なるものは人なり
昨晩、チャンネルサーフィン(私はCMが入るとすぐにチャンネルを変える癖があり、まったく落ち着きがありません)中にNHKの『カンゴロンゴ』に行き当たった。

漢語・論語を寸劇により分かりやすく解説するとい内容だが、けっこう面白い。
で、今回のお言葉は…

「一樹百穫なるものは人なり」

長期的で最大の利益を生み出すのは、人間を育てることだ…という意味です。
出典は『管子』です。 管子とは管仲の事で、中国春秋時代の『斉』の有能な政治家だった人です。

「一年計画なら穀物を植えるのがベスト。十年計画なら木を植えるのがベスト。生涯の長さで計画をたてるなら人材を育てるのがベスト。一回種をまいて一回の収穫があるのは、穀物である。一回植樹して十倍の収穫があるのは、樹木である。一回育てて百倍の収穫があるのは、人材である」
(一年之計、莫如樹穀。十年之計、莫如樹木。終身之計、莫如樹人。一樹一穫者、穀也。一樹十穫者、木也。一樹百穫者、人也。)

米や麦は、春に種をまくと、秋に確実に収穫できますが、収穫は一回だけです。
樹木は一度植えれば、その後、毎年、果実を収穫したり、落ち葉や下枝を燃料にできます。
人材を育てるのは手間がかかりますが、長い目で見れば利益も一番大きい・・・という意味です

ニュースでも派遣切りや正社員切りなど連日報道されていますが、人材削減という1番コアな部分を安易に削っているような気がします。
確かに一般経費の中で大部分を占める人件費を削ればキャッシュフローも短期的に生まれやすいですが、その分教育と経験にかけた時間と経費を捨てている事にもなります。
然しながら、短期に経営状態を蘇生する方法としては、やむを得ない部分もありますが、同時に経営者は目先の利益と後年の利益のバランスを考える必要があります。

また、人材を削減した後は、切られた人へのお詫びとして、その会社が伸びてゆく姿を示さないといけないのではないでしょうか。

まぁ、一番いいのは切らない経営をしてゆく事が上策なんですけどね。
まだまだ未熟な自分を反省いたします。

2009.01.19 (Mon) 11:01
休息
先週末、1泊2日のお休みを頂き、帰省しました。

往きは雪の為、高速道路が途中までしか通れず、途中から一般路を走りました。
久しぶりに下の道を走って、車窓から町並みを見ながら、のんびりドライブです。
雪もところどころ残っていて、山間の気候の厳しさがうかがえます。

この分だと山越えをしても大丈夫だろうと思い、ルートを変更して近道へ入りました。
下ってくる車は、たまにチェーンを付けているだけだったので、もう雪は残っていないと安心していました。

山を登る事20分…路面がシャーベット状の雪に覆われ、そのうちアイスバーンになって来ました。
チェーンを巻くか否かを考えているうちに、峠を越えて下り坂に入って行くと、車がズズズ~っとスリップし始めて、ドライバーの嫁が極度に緊張し『怖い~怖い~』を連発。運転を交替してエンジンブレーキを掛けながら、雪道を攻めてゆきます。 てか、チェーンを巻け!という話なのですが…無事で良かったです。

今回の宿泊先は『ウェルサンピア』 旧厚生年金休暇センターで、田舎にゆっくりしたい時に利用する宿です。

海が素敵です

ここはホテルの目の前に遠浅の海が広がり、夕日と朝日がキレイに見えてロケーションが最高なので気に入っています。※悲しいかな5月で閉館らしいので、もう一度泊まってみたいです。
温泉も大浴場や露天風呂など小ぶりながらも充実していますし、泉質が『塩』なので、疲れもゆっくりとれます。 マッサージチェアも増設されていたのがOK

で、夕食ですが、今回は『豊後牛』に惹かれて予約をしましたので、当然テンション上がりまくりです
海・山の幸がてんこ盛り!

お刺身や有機野菜のサラダバーなど、美味しくいただきました。
が! お目当ての豊後牛は『う~ん…』でした。 陶板焼きにすき焼き用の肉を焼いてもボリュームに欠けます。 やっぱり、せめてサイコロステーキでも良いので、肉の厚さが欲しかったです。
あと、換気が効かなくて、せっかくお風呂に入ったのに髪の毛が油でベトベトになったのも残念でした。

お部屋も良い感じです
お部屋はオーシャンビューがお勧めです。

今回は1泊2日と、いつもと同じように帰省しましたが、来年は一週間ぐらいの長期でお休みを頂いて、じっくりと年間の計画を立てるようにします。
今年のMyテーマは『大統領のように働き、王様のように遊ぶ』ですからjumee☆loud laugh1
2009.01.13 (Tue) 12:49
年越し~年始
新年明けましておめでとうございます。

本日は6日とお正月気分も抜けてきた頃でしょう。
年越しからお正月とブログの題材はたくさんあったのですが、
年末年始は夜行ツアーと日帰りツアーの出発で、まったく自分の時間が作れませんでした
こういう時でも社長は上手に時間をひねり出すものだと思いますが、まだまだ現場に出なくては
安心しきれないものなので、とうとう更新が本日になってしまいました。

で、ざっと今までの流れを書こうと思います。

まず、30日は打合せの『ど・ピーク』というのに、自分の父親が病気で倒れてしまい
急遽、大分に帰省しました。
なんとか一命を保った事を確認して、その日は福岡にとんぼ返りしました。
親父殿も『社長が現場を離れてはいかん、はやく社員の前に姿を出してあげなさい』と気丈な事を言って送り出してくれました。 近いうちに見舞いに行こうかな…

31日は夜行ツアーの出発で18時より博多駅で送り出し。
最終の出発を見送った時は、すでに23時をまわっていました。
で、もうすぐ新年を迎えるので予定通り蕎麦屋を探すが、博多駅周辺のお店は閉まっている。
なんでやねん怒予定が狂ったではないか!
しょうがないので、たぶん開いているだろう『お櫛田さん』の参道を通り、そば屋を探す。

あった~! 昔ながらのお店で、奥は居酒屋風でテレビも『行く年くる年』をやっていた。
雰囲気的には申し分ない。後はお蕎麦が旨いかどうかだ…
海老天も入っていて・感動!
お~旨いではないですか! K田くんと一緒にハフハフ食べていると、除夜の鐘が聞こえてきた。
今年もいろいろあったけど、良い年で終われた事に感謝です。 来年はもっと良い年になるよう頑張ります。
帰りの西鉄電車は大宰府へ初詣に行く人が結構多かった。 朝まで電車が動いている事も嬉しい。

2009・元旦
早朝より博多駅でスタッフの見送りをする。
底冷えのする超寒い元旦である。朝から都市高速はマヒし、多難な出だしである事はすぐに想像できた…お客様も大変だったが、添乗スタッフも良く動いて、クレームを最小限に止めるよう頑張っていた。 明らかに昨年よりも動きが良かったのが、何よりも感動した。筑紫口駐車場より初日の出を拝めたのも良かった。きゃー!

1月2日
昨日と打って変わっての晴天。
博多駅筑紫口も少しは暖かい。
今日頑張れば明日は休めるかもしれない、先々週から研修や打合せの準備などで休んでないし… 精一杯の声援で添乗スタッフを送り出す。頑張れ!

1月3日 午前2時
添乗スタッフさんの子供さんがインフルエンザに罹り、私と添乗交替する。
久しぶりの添乗で気持ちがハイテンションになってしまい、4時まで寝付けなかったおちこみ

1月4日
朝の起床を確認した後、爆睡zzz

1月5日
仕事始め、普通の会社なら『シャンシャン』で終わるのかもしれないが、今日は精算日。
どっと年末年始に出発したスタッフさんがやって来る。
今年も1年が始まった。

今年も皆さんにとってシアワセが雪崩のように訪れますよう、お祈りしております。



2009.01.06 (Tue) 16:41
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。