FC2ブログ
2008.08.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2008.10.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
仕事に関係ないですが…
舟木かっちょいい~

39歳の船木誠勝が、パンクラス時代の後輩ミノワマンを相手に1回52秒、かかと固めで1本勝ち。00年5月のヒクソン・グレイシー戦後には1度引退、昨年大みそかの復帰後3戦目で復活を飾った。
約9年ぶりの勝利だったキラキラ

この試合を家族から非難轟々(格闘技をテレビで見るのNGなんもで…)であるにも構わず、
『この試合だけは、見せてくれぇ~』とお願いして観戦した。
なんと言っても舟木39歳は自分と同級生なのだ。※同窓生じゃないです、同じ学年(歳)という意味です。

試合はすぐに終了してしまったが、その52秒の間に彼の苦労や苦悩や勝利への執念や格闘技を愛する姿…など垣間見れて、改めて舟木ってかっちょいいヤツだなと思いました。
ストイックなまでに絞り込まれた肉体に39歳でも、やればできるんだよ~という彼からのメッセージを受け、メタボな自分の体を惨めにも思うのでしたうわーん

彼がいつまで現役でいられるかは分からないし、そう長くもないという事を本人も認識しているとおもうけど、諦めないで自分が決めた道を突き進む姿に感動です。

桜庭くん(1コ下)は東京にいた頃、職場が武蔵小山にあって、そこには高田道場もあったので、よく桜庭くんがムサコ商店街をうろうろしていたのを見かけました。 『頑張れよ~』と声を掛けると、彼ははにかんでうつむくようなシャイな人でしたが、今は怪我をしてリングに上がっていないのが気がかりです。
舟木ができるなら、桜庭くんも頑張らないとね。 

と最後は桜庭くんの話になってしまいましたが、自分が思うほどアラフォーってオヤジじゃないんだという元気を頂きましたという事です。ハイたはー

スポンサーサイト
2008.09.24 (Wed) 16:45
いんぐす求人フェアー
何人来るか楽しみです!

さる9月19日(金)、福岡は天神ど真ん中にあるアクロスの地階にて『いんぐすアルバイト求人フェアー』が行われ、当社もブースを出してリクルート活動を行いましたキラキラ
アクロスは前職の職場だったので『勝手知ったる』場所で、なんとなく落ち着きました。
12時開場なのでブースの設営をT/C中野さんと一緒に11時より開始しました。
どこよりも目立つ事を第一に、壁には旅行のチラシとパンフレットを貼りまくり、テーブルの上にも
教本やパンフ・腕章など添乗グッズを揃え、旅行色を前面に押し出すデコレーション。
見た目はバッチリ整いました。 あとはお客さん?が来るだけ。にっこり

定刻に開場され、ドヤドヤと求人者が会場に入って来ました。
当ブースには『まぁ、ボチボチ来たらいいか』ぐらいなノリで、中野さんと談笑しながら待機です。
で、5分もたたずにお客様がいらっしゃいました。 それも3名
ひぇ~ こんなに早く来るとは思っていなかったので、トーク準備してないやうわー!
と、心の叫びを押さえつつ笑顔で対応。 さすが添乗員! まだ腕は錆びてないみたい。

1組目を終えて、ひと段落。
今日はこれで充分やなぁ~と思っていたら、次のお客様…きた

その後、途切れる事無く当ブースにお客様がいらっしゃって、昼食をとったのが14時でした。
午後からは入場者数が減ってきて、どのブースもガラ~んとしてきました。
早いところは17時頃から閉店し始めて、もう終わりモードに突入って感じでした。

ウチはとりあえず18時まで開けておこうって事で、私は他ブースを視察。 どこもガラガラで暇そ~
一周見回って我がブースに行くと、なんと2名様ご着席。 やっぱ添乗員という職種には魅力があるのか…?

結局、当ブースには15名の求人者がいらっしゃいまして、何か1番多そうな雰囲気でした。
この中から研修・登録と進むにつれて減員は止むを得ませんが、紙媒体よりも直接面接できるので
登録までの確立がアップするような気がしました。
街で声掛けするよりかは確実ですふるーつ☆Cultivation・笑(小)

まだまだ秋のシーズンには足りないし、今期は150名体制まで持って行きたいと考えていますので
今後も募集を続行しますbikkuri01

T/C中野が教えますわよん
2008.09.22 (Mon) 12:58
土谷棚田(どやたなだ)火祭りツアー
時は、9月14日土曜日
前日から、翌日の雨が心配される中、
土谷棚田火祭りを観に行くツアーは晴天で出発

土谷棚田があるのは、
長崎県に属しながらも、
陸路を通って行くには佐賀県伊万里市からしか行けないという、
ちょっと変わった、長崎県松浦市福島町。


そんな福島町で行われる火祭りツアーとは…
段々と連なる棚田のあぜに、
コーヒー缶で作った松明を1m~2m間隔で置き、
夕方になったら点火をし、
棚田の縁を照らし出して幻想的な雰囲気を楽しむお祭り。


この火は、夕方に雨が少々降り、いったんは止んだものの、
今後の雨が心配され、18時の点火予定が17時に変更になりました。


今回、急遽、点火時間の変更を行ったことにより、
当初予定していた火付け部隊が解散してしまっていて集まらず、
点火にご協力頂ける方を本部が募っていました。

「はいはいやりますやりたいです

こんな募集があって、あたしが手を挙げないわけがない(笑)。

ということで、他の添乗員と一緒にズカズカとスーツであぜ道に入っていき、
点火の合図で、棚田の縁に並べられた松明に、火を付けて回りました。

比較的、暗くなる前に火が付けられたので、
幻想的とは言い難いものでした。
しかし、風のない晴れた夜は別世界のように美しいそうです。
(by 現地のおっちゃん)


スーツだから、田んぼの中まではなかなか足を踏み入れられなかったので、
点けられた数は少なかったけど、
ちょっとでも力になれたと思うと、ほくほくでした





2008.09.17 (Wed) 00:58
悠彩の宿 望海
9月6日(土)~7日(日)で帰省してきました。
遅い夏休みの家族サービスと個人的には8月の流れ最後の祐気取りです。

昼過ぎに田舎に到着して、まずはお墓参りからです。
当家の先祖から順番にお参りして行きます。 ※二ヶ所にお墓が分かれているで、ちょっと不便です。
灯明と線香をあげ、お花を供えて家族の無事のお礼を報告します。
日頃から心が汚れているせいか? お墓の掃除をすると心が清清しくなるような気がします太陽

そこから親戚の家々を廻って行き、帰省した事を報告します。 田舎のシキタリは結構面倒です。
一通りの用事が終わり、別府の宿に到着したのは夕方になっていました。

今回の宿は第一観光さんの『特選宿泊プラン』を利用しました! 第一観光・宿泊プラン
このプランのお勧めどころは…
個人で予約すると、シーズンのON/OFFで料金が変ってくるので、いざ予約しようとしても予定していた金額より高くて、仕方なくランクを下げた…なんて事がないのが嬉しいのと、立地や部屋食・露天風呂など自分のスタイルにあった宿を選べるので、よく利用させて頂いておりますjumee☆SaturdayNightFeverL

で、今夜は『悠彩の宿 望海』をチョイス。 和風アジアンスタイルのロビーと露天風呂&料理内容(個室食事処)が決め手となりました。

さてさて、北浜のちょっと分かりづらい路地に入り、しばらくノロノロと運転しながら辺りを見回してみましたが、なかなか見つかりません。 最後のカドを左折した所に‘あった~’ ありました。
車の窓を開けて従業員さんらしき人に『望海さんの駐車場はどこにありますか?』と尋ねると
その従業員さんは『お客様のお車を駐車場へ入れてまいりますので、カギをお預かりいたします』とおっしゃるではあ~りませんかきゃー! のっけからなかなかの対応です。スバラシイ
カギを預けて、ロビーへ
和風アジアンなのかどうかはちょっと?的だったが、間接照明が効いた落ち着いたロビーで ○
フロントで対応して頂いた女性スタッフは旅館らしく和服を着ていて ○
さらにお部屋まで案内して頂き、またお茶を入れて頂き ◎
なかなかこういうサービスをしてくれる旅館が少ないので、かなり感動しました。
で、部屋からの眺めは…
北浜のビーチが目の前に!
ブラボーです ☆☆☆☆☆

で、別府といえば温泉
7階にある露天風呂『あおくもの湯』へ直行!
目の前には別府湾がぁぁ
先客の家族が入れ替わりに出て行ったので、貸しきり状態にbikkuri01
のんびり別府湾を見ながらつかれるなんて、超ラッキーでした。 泉質はナトリウム系なのでヌルヌルっぽいお湯です。 女性には特に喜ばれる泉質ではないでしょうか?
充分、体の毒気を出し切った後は、メインのお食事へ

食事会場は個室でテーブル席(掘りごたつ風)となっているので、最近メタボな私でも楽ちんです。
席につくなり家族一同『げ~っ、食べきれん!』 量の多さにビックリです。
まぢ、食べきれない

ご飯も‘釜飯’の容器に入っていて、一つ一つ炊いているようです。
この他にパイ包みポタージュや5種類のプディングまで出てきて 『ひぇ~ 本当に入りません!』
こんなに苦しくなる程料理が出てきたのは日光に泊まって依頼です。 ヒデキカンゲキ~です。古っがーん

大きなお腹を抱えて部屋に帰り、速攻爆睡

翌朝の朝食もどか~んと出て、充実感たっぷりな内容でした。

チェックアウトも従業員さんが車出しをされたり、お見送りも笑顔でしっかり見送って頂き
本当に大満足なお宿でした。
これで1人@13,440円とはぷぷ






2008.09.09 (Tue) 17:40
海外研修 vol.6
占いはどうだった?

6日目・最終日 <香港~福岡>

MC07:00 HTL/DEP08:25
T/C中ノ

あっという間の最終日
今日の午前中は九龍観光。

黄大仙廟に到着、バスは近くの駐車場に停めて歩いて廟まで。
朝から日差しが強く、汗が吹き出る。jumee

お賽銭をあげた後、線香を3本とって大きな線香たてに差す。
ここでは火を付けた線香は顔の自分の高さまで上げることがルールだと陳さんからアドバイス。
皆、ルールを守りながら本堂に向かう。 と、その時『ジュジュウ~』 Y紀の頭に、中国系のオバちゃんが線香を押し付けたらしい。 しっかりと髪の毛が焼けていて、危うく大事故になる所だった。
陳さん曰く、大陸からのお客が全然マナーを守らないらしい。
どこの観光地へ行っても、だいたいルール無視するのは大陸の人だもんね。 経済が成長しても人も成長しないとダメっていうことですな。怒り

さて、本堂に入り、占いにこうじる一行。
願い事を念じながらおみくじが入った竹筒をガチャガチャと振ると、1本ぴょこんと飛び出し、番号を控える。
Sコが先にガチャガチャやって86番が出てきた。
次に私がガチャガチャやると86番が出てきた。 Sコと私の運命は同じということか?うわー!
出口のところで、番号に対応した占いの紙(ピンク色)が売っている。1枚5$
Sコと私は同じ番号なので、二人で一枚購入した。 さてさて、その結果は…
商売運…そこそこ
健康運…そこそこ たはー これからも要努力です。

九龍塞城に到着
昔は九龍城といえば、ビルとビルの間が迷路のように入り組んで、犯罪者の住むオドロオドロシイ場所でしたが、今はそのビルも取っ払って綺麗な公園へと変ってしまい、見応えもなくなっていました。
今後は、九龍の観光もなくなってしまうのかもしれませんね。
綺麗になった九龍城

ペニンシュラホテルにて自由時間。
ロビーの風景を写真に撮ろうとボーイさんに尋ねると『残念ですが、写真撮影は遠慮願います』的な英語で丁寧に断られました。 今思えば、ちょっとチップを出したらOKだったかも…と勘ぐる私。
地階に下りて、ペニンシュラホテルグッズがあるショップへ。 まだ皆は来ていないのでゆっくり買い物をする。  買い物を終えて支払いをしていると、どやどやと研修生が入ってきた。
ここでも、結構買い物を楽しむ一行。 支払いの時になって\田・Uちん・中ノ・Mモがキャッシャーで悪戦苦闘している。 英語が通じないらしい。
思わず助け舟を出してしまった私だったが、もうちょっと様子を見てからにすればよかった98666

行程最後の昼食はアジアンスイーツの仕掛け店『糖朝』へ
マンゴープリン美味しいね


ジャージャー麺か海老ワンタン麺のチョイス+マンゴープリンのメニュー
海老ワンタン麺をオーダーする研修生が多い。
私は欲張って豆腐プリン17$を追加。 メタボ度アンパンマンアンパンマンアンパンマンアンパンマンアンパンマン ※帰国後1.3㌔太ってたマジですか

空港へ向かう途中 陳さんがドライバーのライさんのためにと車内販売を始める。
駐車禁止の所にも果敢に止まって頂いて、よく頑張っていたので協力しようと思ったが、車販は『キーホルダー』 5個入り1000円。 ん~、今時キーホルダーは厳しいです。 誰も買わんって汗;
結局、売上0円 ライさんカワイソウ。 ここから陳さんの態度が豹変。まったく案内しなくなる。
ライさんの売上が上がらなかったからって、なんであなたまで落ち込むのか? 握っているとしか思えないえ~っ?

後から、陳さんには内緒でライさんにはチップ渡したけど。 香港人の商売根性を目の当たりにしたのでした。

おら~ 聞いてるかぁ!

香港国際空港では¥田がT/C担当。
しっかりと入国時に乗れなかったトラムに乗ってゲートまで移動。
搭乗まで解散し、香港最後の買い物を楽しみました。 Kevinはバーガーキングをお約束で食べていたふるーつ☆Cultivation・笑(小) 

台北トランジットでは10分間の自由時間があり、ギリギリまでお酒を選ぶ私。
水物が厳しくなり、最後の空港でしか買えなくなったので不便ですね。

福岡行きの機内で最後の機内食を完食し、福岡国際空港に到着。
最後の挨拶も終わり、研修は無事に終了。
第一回目ということで手探り状態でしたが、研修生からは『勉強になった』という声を頂いたので企画した私も『ほっ』としたというのが、率直な感想です。
次回は今回の反省を踏まえ、より充実した内容で企画したいと思います。

研修も終わりましたので、あとは皆さんの力で世界へ羽ばたいて下さい! 頼みましたよ!
楽しかったです ○


※海外研修vol.1~6の内容は研修生が提出したレポートと私(佐藤)の記憶によって構成させております。よって、厳密には事実と異なることもあり、多少脚色している場面もありますのでご理解とご了承くださいませ。
※また海外研修vol.3にて不適切な文章を記載しました事につきまして、ご本人ならびに関係者の方々にご迷惑をお掛けいたしました事、お詫び申し上げます。            ソリッド・パートナーズ㈱ 代表取締役 佐藤大幸





2008.09.08 (Mon) 11:20
海外研修 vol.5
朝からバタバタ?

5日目 <香港>

MC07:30 HTL/DEP08:20
T/C 7E

昨日はCXのディレイでHTL帰着が遅くなった為、当初予定していたT/Cが朝食会場まで引率する事を中止して、バスにて移動にした。 せめての親心?

朝食会場に到着し、円卓を囲む。
メニューはお粥だが、他に点心(海老餃子・チマキ・ポウズなど)が出てきて更に焼きそばもあった。
『朝から焼きそばはキツイっすよ~』とED田が泣きを入れていた。 T/Cは食べれる時に食べるのが原則。   泣きごと言わず食べるのじゃ~怒り
お粥の塩加減も丁度良いし、サラサラ入るのでヤバイ。 メタボ度アンパンマンアンパンマンアンパンマン

朝食後はレパルスベイへ
我思う、故に我あり・笑
観音様の前で団体写真をとり、自由散策へ
私は財運の神様を触りまくり、しっかりと神様の財布を握り締めて金運アップを願った。
あまりにも真剣に触っていたので、それを中ノがムービーでしっかり撮っていたのを気付かず後で知るうわー!

一行は買い物のメッカ スタンレーへ向かう。
ここでMr.陳が『有名な先生の絵文字を紹介しますOK』と言って、一軒のお店を案内。
『社長・この絵文字で商売繁盛なるよOK』と執拗に攻めてくるが、昔、絵文字を書いてもらった病院が潰れたのを知っているので、その効果に疑問だ。 それよりさっきの神様のほうが…(まだ言うか・笑)
露天街に入りいろいろ物色すると、功夫着が売っていた。 欲しい! が、いつ着るのだ?そんな自問自答を何度か繰り返し、結局諦めることに。 集合時間になっても買わなかった理由を探し続ける私なのでした。

アバディーンではサンパン船に乗って水上レストランの周りを遊覧。
ジャンボってジャンボだね~

アバディーンからスターフェリーに乗って10分間のミニクルーズ
いつでもピース


で、昼食会場へ
あまり動いていないが、朝食がお粥だったのでお腹がすいた様子。
メニューは飲茶で皆パクパク…パクパク…パクパク…完食jumee☆loud laugh1  デザートのマンゴープリンも美味しく頂きました。 でもって、糖朝のマンゴープリンも期待が大になってきました。
春巻きも美味しいョ OK

またまた私の我がままで行程に入れたスターオブアベニュー
香港の映画界で活躍した故人・現役スターの手形があります。成龍先生(ジャッキー・チェン)の手形を発見し、自分の手と比べてみると、やはり成龍先生の方が大きかったですきゃー!
うぉー感動じぁ~ 次はあの方だぁ と李 小龍先生(ブルース・リー)の手形を探すと…
ゲッ プレートはあるが手形がぬぁいではないですか! どういうことですか! サミュエル・ホイもマイケル・ホイもイェン・ウー・ピンもあるというのにナゼ李先生のが… 現実を受け入れるまでしばらく時間がかかりましたが、この施設が出来る前にご遺体は灰になっちゃっているので、手形は取れなかったんですね。悔しいですっ
我が師匠・李先生です
でも、銅像があったのでプチ満足な私でした。

今回の行程で2回目のDFS
T/Cの7Eへに添乗員用ゴールドカードの申請方法を伝授し、見事にゲット!
しっかりと漢方クリームをHK$140→HK$19? ゴールドカードの恐ろしさを充分に体験したのでした

DFSから夕食会場までは各自移動という、少々心配な行程内容です。 まぁ全員T/Cなので迷っても自力で何とかすると思いますが、私としてはちょっぴり心配だったのです。 が、全員無事に時間内に到着。拍手 パチパチ

夕食会場は鴨肉のマンゴー添えが金賞受賞した潮州城で、もちろん受賞メニューも入っている。
Sコは前回行ったツアーで食べれなかったそうで、とても楽しみにしていると目を輝かせていたキラキラ のだが
なんと自由散策時間にペニンシュラホテルでチョコレートケーキを食べてお腹いっぱいと言うではないか!  せっかくSコの為に潮州城にしたのに、それなのに、あぁそれなのに…うわーん ウソ
料理そっちのけで、打合せするT/Cたち

お腹もいっぱいになり、香港メインイベント オープントップバスと女人街へと向かう。
このツアーは混載となるので、ガイドさんもOP専用のガイドさんへと交替 Ms.洪さん
風が直接当たって気持ちいい。 TDLの乗り物よりも面白いかも… 皆も看板が頭の上スレスレに通るたび、奇声をあげていたsc03
うちの研修生が1番盛り上がってました・泣

女人街では40分しか時間が取れないということで、即攻・研修生全員離団する事に。 どこまでも買い物スピリッツ旺盛だ。 翌日、何時まで夜遊びしたのかと尋ねると…3時までってさ。タフを通り越してjumee☆mad4
こうして、エンジン全開のまま最終日へと向かうのである汗;



2008.09.05 (Fri) 17:58
海外研修 vol.4
ED田くん かっちょいい~

4日目 <シンガポール~香港>
MC07:30 HTL/DEP08:40
T/C ED田

朝から雨が降る中でのシンガポール観光。
T/C役のED田が舌好調(ぜっこうちょう?)で案内をする。敬語の使い方にはまだ難アリだが
GRPをまとめて行こうとする気持ちは伝わった。

シンガポールは小さい島なので、端から端まで車で2時間あれば廻れてしまうので、各観光地までの移動時間が短いのが特徴。慌しくならないように案内するのがコツですね。

ラッフルズ卿像到着
皆、思い思いに写真を撮る。 ラッフルズ卿の説明はMsリリーが車内で案内したが、皆聞いてましたか?・笑
ラッフルズ卿に想いを馳せて?

さて、シンガポールと言えば『マーライオン』きた
昔々の話で恐縮ですが、私の時はマーライオンのポンプがいつも故障していて水を吐いていなかったんですよ。それに、対岸のエリザベスウォークからの観光なので、小さくて見え辛かったのです。
なので、今回は間近に行けましたし、水が出ているのを見て1人ご満悦な私だったのですSponge Bob
マーライオンになりたいMモ・笑

マーライオンから車で5分の所『富の噴水』に向かいます。
ここは観光地としては新しいのであまり有名ではありませんが、実は強烈な風水スポットなんですよ。周りが高層ビルに囲まれて、その中心に噴水がありますので気の流れを噴水が溜めるんですね。
ため池ではないので、水も循環して常に新しい気を発している訳です。 なので、噴水の中心部には小さな噴水がいつも沸いていて、手を水にかざしながらその周りを3回廻ると金運が上がるのです。jumee☆faceA142
3回ですよ! 多く廻ってもご利益はありませんので注意!sc03
金運上がれ~


植物園はスケジュールの都合上、ラン園には入場せず。
途中から雨も上がり、気温上昇焦る3

DFS見学
T/Cが買い物することはないけど、研修なのでカードの受け渡し方や商品の受け取りなどを研修。
TAXリファンドのやり方は覚えていますか?

昼食はDFS内にあるSoup Restaurantにてサムスインジンジャーを堪能。 この生姜ダレが絶妙!家で再現できれば結構使い道あるのになぁ~…

いよいよラッフルズホテルへ潜入!
潜入成功!
車内でロングバーで飲む『シンガポールスリング』を急遽OP作成する。 100%私の我がままですたはー 個人ツアーでなければ、なかなかロングバーに行けないし、なにより村上 龍の後輩&信者の私としてはハズせないのでありますきゃー! 1人でも行くつもりでしたが、結局9名が参加して昼間っからカクテル飲んで、塩茹でピーナッツをボリボリ、殻をポイポイ床に投げ捨てるのでした。 ※ピーナッツは無料、殻捨ては床に捨ててもOKです。
野望達成でご満悦な私


ラッフルズを後にして、T/Cが中ノへ交替。
次はラストの観光地・香港です。 ※シンガが1日と短かったので、あまり印象に残らなかったという声が有りましたので、次回は1日延ばしてジョホールバル観光も入れてみようかな…

さて、チャンギ空港に到着するとCX734が50分の遅延。 やっちまったなぁ~という感じで、機内へ。この日の夕食は機内食なのでしっかり頂く。 メタボ度アンパンマンアンパンマン
香港国際空港に到着。 T/C中ノが『空港内の列車に乗って移動します』と案内。 T/Cの後に一行はついて行く。 ついて行く… ついて行く… ついて行く… もう、入国審査の所まで来たマジですか 乗ってねぇじゃんえ~っ?
まぁ、初めての空港はいろいろあるよねぇ~

入国審査を終え、ガイドのMr陳さんとMeet
陳さんの広東語なまりの日本語に皆圧倒される。(スピードがめちゃくちゃ速い!)
今、皆さんが出てきた空港…OK ここは九龍…OK じぁさっそく観光で…OK』 超高速の説明の中に必ず小さなOKが入る。 陳さんの口癖みたいOK
で、あっという間にビクトリアピークきた
100万$の夜景って、いくら?


飛行機の遅延もあり、ホテル入りが00:00に。
それでも、香港の街に消えてゆく研修生たち。 タフだなぁ力こぶ








 
2008.09.04 (Thu) 13:52
海外研修 vol.3
3日目<バンコク~シンガポール>

MC07:30 HTL/DEP08:45
T/C Kっち

朝食を済ませ、バスへ
スワナプーム空港に到着して個人チェックインへと進む。

ブース『M』にはKE・MH・CXがあり、同時刻に出発する便が多いのでカウンターには人が溢れている。 GRPカウンターが空いていたので、ガイドのオーさんが機転を利かしてチェックインを切り替える。
アジアはガイドさんがしっかりしているからこういう事もできるけど、本来はT/Cの仕事ですね。
PPTとEチケをT/Cへ預けて、しばらくぼ~っとする。 Mモがオーさん宛のカードを皆に廻していた。
よほどオーさんの事を気に入ったのだろう。 ガイドとしての力量も申し分なかったしねOK GRPのカウンターだけど、チェックインは個人という事で、一人一人荷物を預ける。 最後にオーさんにお別れをして、さっきのカードをMモが渡した。 『これだけ?』というような事を言っていたが、恥ずかしがっているオーさんなりのジョークだったのだろう。

出国審査を終えると観光写真用に自転車と顔に穴が開いている立て看があった。 さっそく食いつくMモ。 とうぜん顔の穴に収まるED田。どうみても現地人そっくりぷぷ
ゲートまで移動して解散。 スワナプーム空港はゲート手前でセキュリティチェックがあるので水物は持ち込めないようになっている。 ※どこの空港も厳しくなっていますねぇ~

いつものように機内にて機内食を食べる。 明らかに太ってきた私アンパンマン

シンガポール・チャンギ空港に到着
入国審査を通り荷物をピックアップして税関へ… 税関を通り抜けた後、私とED田は税関係員に『こっちに来て荷物を通せ』と抜き打ちの対象となりX線検査にこえー 荷物をX線に通しても何も言われなかったので『出てもいいか?』と尋ねると、アゴで出口を示された。 ん~何だったんだ? ただの嫌がらせかjumee☆mad5

出口ではガイドのリリーさんが出迎え。自称『海老名みどり』と言っていたが、まぢ似で困った。
夕食時間までには早いので、レストラン付近を散策。
シンガは綺麗な街だね~
中国系の人たちが多いシンガではKevinが街に馴染んでいたきゃー!

UOBプラザの60階へ上がり『四川豆華』へ
シンガのリッチが食事をする所らしく、なななんとBeer1本がSIN$45(3500円)マジですか みんなお茶で済ませたのでした。 ※ここはジョウロより長い差し口を器用に扱い、湯飲みにお湯を入れてもらえるパフォーマンスがとってもOK 
なに撮ったの~?

夕食後はクラークキー散策。福岡でいう『ベイサイドプレイス』の超でっかい&オシャレな場所ですにっこり ここで【OP】ボートライド&トライショー組と散策組に別れて行動する。 OP組はトライショーがとっても気に入ったみたいで、暴走族になった気分と言っていたふるーつ☆Cultivation・笑(小)

私はホテルに到着後、どうしても安いBeerが飲みたかったので外出することに。Mモ・Nノ・Y紀・Sコはムスタファ方面へ買い物。私・ED田・7Eはホテルから歩いて7分のフードマーケット(屋台村)へ。

OP組も合流してプチ宴会

21時を廻っていたので閉まっている店も多かったが、まずはビール
売店のおばちゃんに『いくら?』と尋ねると1本5.2$と言われた。 安っす~~~kao04 これだから、地場の店はたまらんねぇ~キラキラ

ED田は料理を調達してきた。チヂミのようなお好み焼きのような、見た目は?だが味は良かった。
一皿3~4$というのも嬉しい。 7Eは麺を調達。これも美味! 1日くらいはレストランではなく現地の店で研修というのも良かったかも… 後からOP組も合流して、たらふくBeerを堪能したのでした。

明日はシンガ観光。 憧れのラッフルズホテルには行けるのか!? の巻き
 
2008.09.03 (Wed) 15:08
海外研修 vol.2
頭 良くなれ~

2日目<バンコク>
MC06:30 BF05:30~ HTL/DEP08:00
T/C役 Mモ

朝食は各自自由に取ったので、レストランではバラバラに座っている。
私は、Sコ、Y紀、Kevintが座っているテーブルについた。
ヴュッフェスタイルなので、それぞれ好きな物をお皿に盛っている。
女性はサラダや果物など上手くバランスを考えているが、男性は肉・肉・卵・パンの肉食メニューが多い。 Kevinはチョコレートシリアルを食べていたが、牛乳が入っていない。どうしてなのか?と尋ねると、牛乳が足りなかったのと、追加で言うのも面倒くさいので、そのまま食べているのだそうだ。変わっていると思ったが、口には出さないでおいたふるーつ☆Cultivation・笑(小)
Sコはランブータンと格闘している。ナイフでランブータンを刺そうとするが、すべって刃が立たない。
右に左にとランブータンは逃げるぷぷ
ボーイさんに割り方聞いたら?とアドバイスすると、さっそくボディアクションで割り方を聞いていた。
彼女の英語は9割がアクションだ。jumee☆SaturdayNightFeverL見ていて面白いし、なぜか通じちゃうのだ。
割り方をマスターしたSコはランブータンを誇らしげに食べて『美味しい~』を連発していた。

集合時間になり、全員ロビーに集合。 昨日の夜遊びで多少疲れ気味な研修生だが、遅れる人も出ず時間通り出発。いよいよ研修は観光に入って行く。

『リバーシティ』に到着。ここからボートに乗って暁の寺院へbarca
早速、暁の寺院をバックに団体写真。 皆手を合わせて雰囲気をだしてみた。
ガイドのオーさんの説明を聞いて、ちょっと自由時間。その間、塔に登ってチャオプラヤー川を望む。
私は下から見学。というよりたばこタイム。 来るお客さんは殆ど日本人観光客なので、灰皿の廻りは日本人でいっぱい。汗; 昔、入り口ににしき蛇をクビに巻いているおっちゃんがいたが、オーさんに聞くと蛇が死んじゃったので店じまいしたらしい。

またボートに乗って涅槃寺へ。
巨大な涅槃像を見学、足の裏の説明をMモが話す。よく下調べしている。感心・感心
托鉢の鉢がずらり並んでいて、そこに小銭を108枚入れると煩悩が無くなる?という。
さっそく小銭をチャリチャリ入れてゆくDキィ・J子さん。最後まで入れてゆくと、108枚に足りなかった。
そのへんは結構アバウトなタイ。 サバイ、サバ~イ(気にしないの意味)な国なのです。

バスに乗車し、エメラルド寺院~王宮へ
まずは団体写真。暑い!太陽
気温32℃炎天下の中を一行はオーさんのガイダンスを一生懸命に聞いている。
オーさんも添乗員の研修ということもあり、一般ツアーより内容盛りだくさんで説明している。
う~ん、暑い焦る3 途中入ったトイレには冷房が効いていて、正直出る気がしなかった。

バンコクの太陽にたっぷり絞られた一行は昼食会場のCRLホテルへ
熱い体にシンハビールが効く~っ汗;

午後からT/CはJ子さんに交替しアユタヤ観光へ絵文字名を入力してください
天竺に向かって・笑
ワットヤイチャイモンコンにて、オーさんからタイ式お参りの仕方を伝授される。
その後、仏塔を上ったりとかなり体力を消耗する・笑

ワットプラマハタートでは木の根っこが仏頭を取り込んでいるのを絵文字名を入力してください 決して、仏頭よりも高い位置で写真をとってはいけないのだ。
入り口でタイシルク?のポシェットを売っていたおばちゃんに、帰り立ち寄って値段交渉の嵐!
結構購入していたので、おばちゃんもホクホク顔だ。 ここから雨が降ってきた。(雨季だからね)

アユタヤ最後の観光地ワットプラシーサンペットに行く途中、オーさんが『象に乗れるデショ』と案内。
数名が『乗りたい!』Callをするとバスは象乗り場へ。 THB@500也。 11名参加。
急遽OPを入れたので、観光もショート気味にして夕食会場の『ノッパラット』へ
ココナッツミルクでおえっ
タイの民族舞踊をみながら、タイ料理が売りのノッパラットだが、味付けがココナッツミルクなので口に合わないおちこみ 唯一食べれたのは『エビせん』ぐらいだ。これも研修っすねきゃー!

ホテルに到着し、私を含めて数名が近くのセブンイレブンで夜食購入。
他はバンコクの街へ消えてゆく。 よく体力あるね~汗;





 
2008.09.02 (Tue) 12:52
海外研修 vol.1
行ってきま~す

8月25日(月) 午前7時10分 福岡空港国際線ターミナル3F
キャセイ航空カウンター前に到着する。 まだ、誰も来ていないので1Fへ降りてサンドイッチとBoss缶を購入して腹ごしらえをする。
これからの6日間、どんなトラブルが発生するのか…とてもネガティブに考える講師(佐藤)であった。汗;
3Fに上がるとKっちとMモが手弁当を食べていた。 とても準備のよいMモだ。
集合時間になり添乗員役のKevinが人数を確認…いち・にい・さん…12人。1人足りない
慌てるkevin 来ていないY紀に連絡を取ると『今から家を出ます』とのこと。本番ならT/C遅刻はアウトだ。
預ける荷物の個数とタッグ・キズ・凹みなどを確認してセキュリティチェックへ荷物を流す。
Kevinがe-チケを用意するようにと指示を出すが、セキュリティでは必要ない。たはー 7Eの荷物がセキュリティで引っ掛かる。何やらライターがNGだったようだ。

予めGRPチェックインを連絡していたので、搭乗券は一括で出ていたのだが、なぜかもたつくKevin
搭乗券をもらい、荷物を流してVIPルーム301号室へ。VIPルームでこれからの流れと注意事項を説明する。
トラベラーさんから案内があり、お客様へT/Cから一言でもお勧めの言葉を言えば売上も多少アップするとのこと。 ぜひ協力してあげてください。キラキラ
※今回は研修にも関わらず3万円の売上がありました。皆さんご協力ありがとうございました。 

VIPルームを出て、両替へ向かう研修生。
いくらから替えれるの?
販売機でタイバーツを購入しました。
※タイバーツより隣のATMでお金を下ろした方が良かったと後で後悔する事に…がっくり

出国審査前のセキュリティは午前便の出発客でいっぱい。 並ぶ時間も計算しておかないと、ギリギリに搭乗することも有りえるので注意です。 税関で持出届けにスタンプをもらった¥田。さすがです。研修では何でもチャレンジしないと勿体無いです。
搭乗が始まり、一行は機内へ。いざ台北へrainbow

機内で1回目の機内食が出る。
NノはベジタリアンフードをCAにリクエストするが『もっと早く言って下さい』とプチ怒られるぷぷ でも、果敢にチャレンジしたことはOK

台北に到着・トランジットカードを受け取り一旦集合…のハズが3名いない。 もしかして入国へ行ったかも? そんな間抜けな事はしないだろうと思ったが、万が一という事もありえる3人。とりあえずトランジットルームへ進むため、セキュリティチェックへ…Kevinは残り3人を探す段取りだったが、消えた3人はセキュリティチェックを出たところで待機していた。汗; しっかりと集合場所を案内しとかないと、こういう事態になるんだよね~。
台北トランジット

機内に戻り香港へ絵文字名を入力してください
しばらくして2回目の機内食。 ムムムけっこうお腹いっぱい。うわー!
香港に到着してT/CがSコ・Y紀へ交替。 てきぱきと香港トランスファーをこなす。香港を知っているSコがいるチームは有利だったかも?
バンコクへ乗り換えで~す

機内に入り3回目の機内食。もう入らないっすうわーん
ブロイラーにわとり状態でバンコクに到着。入国~税関まで重たいお腹を抱えてガイドさんとMeet。
ガイドさんはMsオーさん。笑顔がとても素敵なガイドさんだ。
バンコクのホテルに到着してウェルカムドリンクをいただく。
その後、明日の予定を確認してからホテル内の夕食会場へ。メニューはタイスキ(タイ風水炊き)
残す人が多いと予想していたが、最後の雑炊までたどり着く。 食欲は旺盛のようだ。
まだまだ食べるよ~

食事が終わり各自部屋へ。と思いきや夜のバンコクへと消えてゆくメンバー続出。元気いっぱいだ。
その反面、これから先が思いやられる佐藤でした。うーん 
 
2008.09.01 (Mon) 14:46
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。