FC2ブログ
2018.10.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2018.12.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
かなりの放置www
気が付けば夏も終わり
振り向けば秋?www

来月はシルバーウィークですね。
Dの宿泊予約画面にSW期間と出ていたのですが
ぱっと見、意味分かりませんでした。
最初に頭に浮かんだのは・・・
SW=スミス&ウェッソン 
    44マグナム 6.5インチ(爆)

かのキャラハン刑事が使用している銃ですねw
ダーティー・ハリーの…
Dr.スランプアラレちゃんの床屋のおやじでは
ないですよ。
似てるけど。

ま、SW=シルバーウィークの略ってことで
また新しい造語ができたというお話でした。
スポンサーサイト
2015.08.21 (Fri) 13:58
あ・・・けましておめでとうございますw
皆さん、日々の添乗
お疲れ様です。

今年の年始は大雪で大混乱という事もなく
(ま、高塚さんとか大分方面は大変だったと思います)
無事に、終わることができました。
皆さんの、素晴らしい仕事っぷりに感謝いたします。

恒例の忘年会は年を持ち越し
新年会で始まりましたが
参加してみたら男ばっかりで、むさくるしい新年会でしたwww
それでも、添乗員さんと飲む機会はほとんど無いので、
あ~、こんな事考えてたんだとか
こんな事で悩んでたんだとか、教えられる事が多いです。

女性の添乗員さんは、結婚してお子さんができると
どうしてもこの仕事を辞めざるを得ませんが、
男性は続けて行こうと思えばできます。
しかしながら、今までダブルインカム(夫婦、それぞれから収入がある事)だったのが
1人だけの収入に頼る事になり、添乗員の収入だけでは生活が苦しくなります。
それで男性も辞めて転職してしまい、いつまでたってもこの添乗業界はボトムアップせず
新人を入れ、教育して、一人前になって数年して、辞めていく・・・という
無限に抜け出せないメビウスの輪状態が40年以上も続いています。

旅行という形がなく、出発も確定しない不安定な労働条件で
労働対価も低いが、求められるサービスは果てしなく高いレベルwという
不条理な世界で悶々と戦っているのが現状です。

私としては、いいサービスに対価は必要と考えていますので、できるだけ
皆さんの懐が暖かくなれるように利益を削ってでもお渡ししたいのです。
まずは、現場で頑張ってくれている皆さんが幸せに。
次に旅行に参加されているお客様も幸せに。
さらに、クライアントさんも幸せに。
最後に、ソリッドが幸せに・・・

それには、対価を上げていくという高い壁がありますが、
理解あるクライアントさんとお付き合いしていけば、必ず良好な結果に
なると信じて、今年も頑張ります!

2015.01.26 (Mon) 13:41
今年も無事に終わりそう? ですw
今年もあとわずかですね。
今日は大勢の添乗員さんが、打合せに来ています。
明日も大勢来ますね。
とても喜ばしいことです。
毎年恒例となった、この風景はたぶん
ソリッド独特な風景なんだと思います。
他社では上長が実家に帰るとか何とかで
長期の休みを取ったりされているみたいで…
暇なんですね。
ソリッドに応援して頂きたいものですw

今年は学校の授業を受け持つこととなり、
それも国家試験の合格に向けてという
チャレンジ過ぎるくらい大変な仕事を引き受けました。
教えるからには学生さんたちに負けないよう、
毎夜予習したりして頑張ったな~w
来年は本試験があるので、絶対に合格させたいです。

また、ある事業に向けての下準備にも入りました
これは来年のお楽しみということで、いま構想を練っている
段階です。

それと、海外研修イヤーでもありましたね。
済州島…すぐ思い出す事は
市場でガイドさんが買ってきたホットクの餡が
私が着ていた白のポロシャツにびっちゃり
付いてしまったという事かなw

まぁ、今年もいろいろありましたが
皆さんも、締めのお仕事をしっかり
有終の美を飾ってください!

今年一年、ありがとうございました。
来年も、よろしくお願い致します。
               
                     佐藤


2014.12.30 (Tue) 13:51
うちのアサイナー
皆さん、お疲れ様です。

9月も終盤となり、どっピークを迎えますね。

先日のHTB花火大会では、久しぶりの大型台数口でしたが
打合せのブリーフィング時から、いろんな意見をAGT担当者と
皆さんが出し合い、1つの方向(成功)に向かっていく姿が
とても嬉しかったですし、感動しました!
ソリッドの伝統ですね。

当日もトラブル無く、緊急携帯の迷子問い合わせも2度しか鳴りませんでした。
昨年の主催者側の大失敗も修正されていたようで、
皆さんはスムーズに業務ができたのではないでしょうか?

私は博多駅で3台のHTBを送り出ししたのですが、
その後、某社のバス14台が筑紫口の駐車場に流れ込みました。
添乗員派遣会社が主にセンディングをしていたのですが
お世辞にもサバケているとは言えず。
現場は大混乱していました。
学生らしい?アルバイト?のスタッフはおろおろ何をしていいのか
分かっていなく、連携もまったく取れていませんでした。
いっきに押し寄せるお客様を、そう容易くサバけるはずありません。
AGTの意向で受けた仕事かもしれませんし、バーターで請けたのかもしれませんが
結局、迷惑するのはお客様です。
一企業の利益を以って、お客様を蔑ろにするのはまったくの本末転倒です。

お客様を大切に・・・口で言うのは容易く響きも良く聞こえます。
然しながら、その企業の根本が利益確保の為の顧客満足なのか
顧客満足あっての利益発生なのかは、順番が逆になるだけで
まったく意味が違います。

よく、私はアサイナーに‘アサインを詰めて仕事を多く取るように’と言ったりしますが、
経営者としてはどうしても利益先行になりがちです。
しかし当社のアサイナーは目一杯アサインする努力をしますが、T/Cさんのレベルが
合わないアサインはしません。
そのT/Cがもう少し伸びしろがあって、頑張って次のステップを踏むというのとは
違いますが、無理して無事に帰ってきたらOKやろ!という事はしません。
ここが当社アサイナーの真骨頂なのかもしれません。
お陰で、私がほったらかしにしていても、彼がT/Cさんを育ててくれています。w

これからも、内勤とT/Cさんが信頼でき、結果お取引先からも信頼されるソリッドで
いられるよう、頑張ります。



2014.09.22 (Mon) 18:35
海外研修レポート 2日目
研修2日目
今日は、チェジュの大自然と触れ合う行程です。

ホテル出発後、朝食はローカルレストランの郷味食堂にて
あわび粥です。 
あわびの身と肝が入っていて、とっても美味~
付け合せのイイダコキムチも天晴れ
至福な朝食でした。

腹ごしらえも終わり、いざ
万丈窟へ!
溶岩洞窟なので、中は天井も壁も真っ黒。
所々に光る蛍光灯だけが頼りです。
上から落ちてくる雫が道にたまり、とっても歩きにくいですが涼しい~
多久島さんはスーツにパンプスだったので、悪戦苦闘。
本番の添乗の時も靴はスニーカーぽいのを履こうね。
片道約1キロを往復して出口へ。
突然の蒸し暑さに汗が止まりません~

涼しいバスに乗り込み民族村へ移動~
肌がとってもぴちぴち綺麗な、薬草作りのおばちゃん51歳が担当になって私たちを案内。
いつのまにかスッ~と呉さんが消える・・・
流暢な日本語で案内して頂いた後、五味子茶の試飲をするって事で小屋に軟禁w
五味子茶は始めの一口飲んだ時の味が大事だそうで、これで自分の体調が分かるらしい。
で、試しに1杯・・・
甘酸っぱい味がしたけど、これって健康?
次に、冬虫夏草の粉末錠剤をお試し。
手のひらに載せてもらった瞬間、おばちゃんは『手のひら赤いね、肝臓わるいョ』
正解でございます  さすがに薬草おばちゃん。
ハイ、五味子茶は4,000円、冬虫夏草は37,500円ョとクロージングを掛けられ、しばし沈黙。
お土産屋さんに入ってクロージングを掛けられるお客様そのものだw
でも、私たちはお客様じゃない。
添乗員だ!
生半可なお誘いには絶対にのらないのであるw
頑として買わないオーラをビシビシだして、小屋から脱出する私たち。
ごめんね、おばちゃん。
円じゃなくて、ウォンならその値段で買ってたョ。

民族村からすぐ近くのサトヤで昼食
アマダイの素揚げ定食。
美味しかったけど、となりの席で食べてたトラ○さんの石焼ビビンパッの方が
旨そうだったw

次はいよいよ城山日出峰に登頂!
いざ、参らん!
山の裾野から中腹へと人が九十九折に上っていく姿が見えます。
ま、きつかったら途中でリタイアもありかなと思っていましたが、多久島さんと好中さんに励まされながら、
汗かきながら、泣きながらw 頂上へ!
その後、続いて小林さん、出田くんも到着。世界遺産・全員制覇です!
阿蘇の外輪山のミニミニ版みたいな形で、噴火口には緑の草が覆い茂っています。
一番来たかった場所に来れて、満足です

体力を城山日出峰で出し切ってしまったので、正房瀑布は遠目で見学
ハンラサン登り口は、濃い霧のため景色は楽しめませんでしたが、
クッそまずい50円の紙コップコーヒーがいい思い出となりましたw

お決まりのお土産屋さん名品(食料品)と韓国記念品百貨店を巡って
のん○こ、物○館みたいなもんだなw
最後の食事は海鮮鍋
エビ、かに、たこ、ムール貝にたっぷり野菜が入っていて、シンプルな味付けですが
とっても美味し~
締めはちゃんぽん麺ならず、韓国らしく即席ラーメンをぶち込みます!
これがまたスープを吸っていい感じなんですョ

お腹いっぱいになった一行はホテルへ。
こうして2日目の夜は更けて行くのです。

3日目
ホテルをチェックアウトして、空港へ直行です。
昨日、食料品店を行ったので多少遅いチェックアウトとなりました。
済州空港で呉さんとお別れをして、出国審査へ
入国の時に顔写真と両手人差し指の指紋を取られていて、出国は
無人ゲートを通ります。
カメラに顔を向け、パスポートと両手の人差し指を照合機に置くだけでOK
ただし、出国のスタンプはもらえません!
ダメもとで審査官にスタンプちょうだいとお願いしてみましたが、答えはNO
スタンプ命の方にはとてもショッキングなシステムです。
成田・関空・中部とかは国内の入国もこのシステムが採用されていますが
スタンプをもらいたい方は有人ゲートに進めばもらえるんですけどね。

出発ゲートで朝食用にサンドイッチを食べて、機内へ。
今回も無事に終了しました。
さて、再来年はどこに行きますかねw
ただいま~






2014.07.12 (Sat) 15:25
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。